子供たちの成長戦略

2020.03.11 カテゴリ:ブログ, 子供のこと

子供たちの休講措置の真っ只中。
お子さんが小さくて働いている間の子供の居場所が・・・という悩みがそこかしこで聞こえていますね。

子供だけでなく、急きょリモートなどで在宅することになったり仕事を休みにされたという大人たちで 家の中には普段居ない人間がひしめきあっているお宅があふれている現在。
わたしが身近で見聞きしたそんな大人も子供も、イライラとストレスを溜めているという悲鳴をあげていました。

そんな世の中を尻目に。

あれ、我が家はいつもと大して変わらない生活をしてる〜?と思った今日この頃。

生活力は生きていくチカラ

そもそも、元から家で働いてることで 家に子供が長時間いることに対してどうこう思うこともない。
(ランニングしたほうが良くないか?!トレーニングした?!というツッコミは入れるものの、すでにやってるなら良し。)

お腹が空いたら自分で冷蔵庫をあさって食べるなり調理するなりしてくれるので、わたしがうっかりお昼を忘れてても子供本人はしっかり食べててくれてる。

我が家は子供含めて家事分担制なので、休校だろうがなんだろうが自分の担当はやってる。

やることの順番を間違ってなければ好きなことをしたらいいよーという日頃の習慣で、課題とかはわりとやってる。(早くテレビを見たいから。)
その上でテレビ見るなりゴロついてる分には目くじらを立てる必要は全くなし!

・・・なるほど、日頃うちの子供たち働かせすぎなのかなー?と思ってましたが、こんな時に痛感しました。

この子ら、生きていく力ついてるわ〜と(°▽°)

親が適当だと子供が育つとはこういう事か・・・・

感謝と誉め殺しで。

世のストレスを溜めているお母さん。

もし家にぎゅっと詰まっているしかできない状況なら、いっそこのタイミングで子供たちと生活に関する事を一緒にやってみませんか?!
最初は何をしても下手くそだし手が遅いし、きっとお母さんがやったほうが早いんです。

でもね、絶対にこどもは進化しますよ。大人と違ってめっちゃ吸収率も伸び率も良いので、おもしろいぐらいに進化しますよ。

ほら、2〜3歳ぐらいのこどもが自分で靴を履こうとしてるのを、手伝ったほうが早いけどぐっと我慢して自分でやらせる あれですよ!

そして「わーありがとう!!これをやってくれると本当にめっちゃ助かるわあ〜嬉しなあ〜」と褒めたたえてください(笑)

ステップを分けてぐっとガマン

洗い物をした後にまわりがビッチャビチャに濡れてても、まずは感謝しまくってこっそり拭いてください。たぶん「綺麗に拭いてよね!」と思うでしょうが、ここはぐっとガマン。

洗い物をするということに慣れてきたころに「いつもありがとう!上手にやってくれるようになってるし、次のステップにいこうぜ!」と『洗い物が終わった時にまわりをふきんでサッと拭く』という項目を伝えてみると、意外とすんなり取り入れてくれます。

我が家の下の子(男子中学生)は数回に1回は忘れてますが(笑)それでも少しづつやってくれるようになりました。

時間はかかるけど、親子コミュニケーションとしてぜひ。

一朝一夕で身に付くものではないのですが、せっかく今こどもたちと接する時間が幸か不幸か増えているはずです。
その時間を、イライラして過ごすよりも 長い目でみてこどもたちの生活力につながって 後々おかーさんがラクできるようになるかもしれない!そんな楽しい方向で考える時間にするほうが幸せですよね。

母の下心込みで。

図らずもできてしまった長い時間を使って、子供たちの成長戦略しちゃいましょう。
そして将来的に、お母さんもラクをしましょう( ̄▽ ̄)ニヤリ

お母さんが先のことを考えて(妄想して?)ニコニコしてたら、家の中もふっと緩むかも。イライラしてた雰囲気が緩くなれば、子供とのコミュニケーションにも余裕ができて楽しめるかも。そうしたら子供たちも楽しく家事を手伝ってくれるかも?!

笑顔は最強ですね。うん。

我が子たち、いつもありがとうねー!心の底から助かってるー!

ではみなさま、体調管理に気をつけていきましょう!

ホームページ制作・ネットショップ制作
ブログカスタマイズなどのお見積りは
お気軽にどうぞ!

お問い合わせへ

PAGE TOP